特許申請はお早めに!他で技術を盗まれるのを未然に防ぐ

作業のスピードをアップ

会社

電気系統の商品開発に関する設計や事務作業を効率化したいなら、電気CADの導入をしましょう。導入すれば、今まで時間をかけて紙に設計図を書く手間が省略できます。見積作成といった事務作業も円滑に進められます。

もっと見る

効率化を図る

話し合い

グループウェアには、有料と無料のものが存在します。無料のものだと、どうしても体験版で一部の機能だけが使えるというイメージが彷彿します。しかし、無料のものでも有料のものと変わりないほどの高機能を搭載しているものもあります。

もっと見る

生産性もキープ出来る

オフィス

義務化されているストレスチェックは、大体50名ほどの従業員を有する企業が対象となっています。重要なのは十分承知していますが、生産性が落ちるから実施しにくいと感じてしまうでしょう。そんな時は、外部業者に依頼しましょう。

もっと見る

技術横取りを阻止

仕事する男女

早めに申請を

他では見られない独創的な製品やサービスを開発した場合、すぐに特許申請をしなければなりません。なぜなら、開発したものが、他の企業が真似してしまうおそれがあるからです。同じ製品やサービスを開発して販売してしまうと、見込まれていた利益よりも低くなってしまうおそれがあります。他の企業から盗まれるのを未然に防ぐためにも、迅速に特許申請を済ませてしまいましょう。一応、自力でも特許を国に申請できますが、必要な書類記入や法律の内容に関することまで、いろんなものを理解しなければなりません。さすがに、手間がかかるのは極力避けたいと思ったら、専門の特許事務所に依頼をするのがおすすめです。必要な書類作成を代行してくれるだけでなく、法律的にどのような効力があるのかをわかりやすく説明してくれます。

費用を安く抑えるために

専門の事務所に特許申請の手続きを依頼する場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。特許申請の出願時の時点で、30万円前後の費用がかかってしまいます。出願で提出する資料作成の多さと手間を考慮するとそれくらいの費用がかかってしまいます。さすがに、予算的に負担がかかってしまうと感じてしまうでしょう。出願の手間を省けて、尚且つ低価格で依頼を引き受けてくれるようなところを地道に探すのがおすすめです。所在地域内に存在する特許事務所をできるだけ多くピックアップしてから比較すれば、適切な価格のところがみつかりやすいです。出願の費用を抑えることができて、会社にも負担をかけずに済みます。